シワひとつない綺麗な肌になれる

シワが与える影響

笑顔

ほうれい線を始めとするシワを治すために多くの人が試行錯誤しています。シワは生きてきた年代を表す味でもありますが、それはつまりそれだけ年をとっていることを示してしまうものでもあります。笑いじわなら爽やかな印象ももたらすので良いのですが、ブルドッグの様なほうれい線とたるみが起こってしまっているのであれば顔の印象も暗くなってしまいます。顔の印象が暗いということは性格を表すというものでもなく、単純に顔に出ている影が多いということなのです。皮膚がたるんでいる顔の上から照明を当てれば、その影のことが一目瞭然です。目の下、鼻の下、唇ならまだわかりますが、年をとってくると上瞼もたるんでくるので目に光が入りにくくなってしまいます。それは何を示すのかというと、つまり目に生気が無い印象をもたらすのです。それがほうれい線になってくると、鼻の下と頬の下、顎にも影を起こすことになります。顔にある表情筋の中で頬が一番隆起が大きい場所でもあるので、そこの下にできるほうれい線は大きな影を作り出してしまいます。

美容整形外科ではこれらのたるみをきっちり対策できます。即効性がある医療技術でほうれい線の悩みにアプローチするので、シワを中々化粧品や表情筋を鍛えることで対策しようとしてもうまくいかなかった人に注目されているのです。美容に関しての自主的なアプローチは、効果が出るのかどうかが分かりにくいです。個人差もありますので表情筋をきたえたらすぐにシワがなくなったという人もいればそうでもない人もいます。シワを無くすためのアプローチがうまくいかなかった人は根本的に身体を変える手術をすればシワの無い顔を取り戻す事ができるのです。顔に糸を埋め込み引っ張ることでたるみが起こってしまったシワがピンとハリのある肌になりますし、超音波で肌の深層にアプローチすることで失われたコラーゲンの再分泌を促すことができます。美容整形外科は皮膚を切開するイメージがありますが、最近の技術ではそうではなく切開しない手術も考えだされています。そうすればより大事な顔を安心して任せることが出来るのです。

PICUP

生活習慣も見直す

頬杖をつく

肌に悪い生活をしていれば、当然ほうれい線などのシワが出てきてしまいます。シワにしっかり対処するためには美容整形で対策するのも良いですが、まずは自分の生活を見直していきましょう。

More...

今は気軽に受けられる

肌の手入れ

美容整形手術といえば外科手術なのでなんだか大げさに考えてしまいます。しかし、人間は昔から整形手術を受けて美容を作り上げてきました。ほうれい線なら最近ではプチ整形を気軽に受けて消せます。

More...

ヒアルロン酸でハリ作る

今と昔の肌

深く入ってしまったほうれい線のようなシワは表情筋を鍛える運動を行なったとしても効果がありません。プチ整形で多く使われるヒアルロン酸をシワのできた場所に注入すれば、シワは消えます。

More...

CONTENT

目元を触る

機械を使って深層に届く

シワは肌のたるみが起こすことだということが分かっています。たるみは深層にも及ぶことなので、メスを用いなければほうれい線はなくならないと考えがちですが、機器を使えば簡単に解決します。

正面を見る

糸を使って皮膚アップ

ほうれい線ができている箇所だけを対策したい、顔全体のリフトアップをしたい。そんな場合は針と糸、繊維を使った対策を用います。糸は身体に溶ける成分で出来ているので、長期的なリフトアップを望む人はこの施術を行ないます。

TOP